非常識⁈今どきのビジネス

こんばんは。こむさりゅです。

先週、会社と契約している産業カウンセラーの

先生とお話する機会がありました。

あ、別にこむさりゅが病んでて・・・という

わけじゃなくw。

前回のブログで少し触れましたラスボス倒した

後のご褒美です。

***********************************

初対面だったし、相談ではないのでまず

先生の話を聞くことに。

本当は、

・悩みの聞き出し方

・効果的な質問

・相手が話せないとき

・具体的なカウンセリングの手法

などなど、詳しく聞ければありがたかった

んですが。

先生は元々産業看護師で。

必要に迫られ、勉強してメンタル面での

カウンセリングもするようになったとか。

だから知りたかった詳しい話は聞けませんでした。

こむさりゅが独立してやろうとしている

ビジネスの形態、参加を決めたプロジェクトの

ことなどもお話すると・・・

地元でもコーチングの検定があって、

・1次試験、2次試験があって受かれば資格を

もらえる

・資格を持っている人は実は結構な人数がいる

・でもそれを職業として活かせている人は

ごくわずか

・よっぽど何か長けているものがないと

(地方なので)その中でやっていくのは厳しい

というようなことを聞きました。

************************************

そんな話を聞いたら、普通は

「やっぱり無謀かも・・・」

「どうやって仕事とっていこう・・・」

などど不安になるのかもしれませんが。

こむさりゅは正直、

「ごく一般論だな」

という印象。

だって、カウンセラーの先生も含め

その資格を取った方々が市場にしているのは

地元のローカルな場所のみ。

それだと確かに

「〇〇〇協会に所属してこんな資格を持っています」

っていうのがないと仕事なんてとれないってのは

わかります。

そこであらためて、

・こむさりゅが市場にしたいこと

・やろうとしているのはコーチング

・アドバイスや指導を受けながら実践していく

などお話すると、興味を持ったらしく

こむさりゅが参加するプロジェクトについて

ネット検索させてほしいとの申し出。

なので実際に見てもらうことに。

*************************************

ご覧いただいたのは広告だったのかは

わかりませんが、わずかに心を動かされた

様子。

そして「集客はネットも使う」ことを

話すと、ようやく

「私たちがやっていることと全然違うんだ」

ということを感じて、

「時代が違うわね~・・・」

とちょっと寂しそうに一言。

こむさりゅは自分のサイトも持っていることを

話すと、さらにびっくりされてました。

最終的に、

「あなたが自分で決めて、ワクワクしてるんだったら

しっかりチャレンジしていけばいいと思うわ」

と、ちょっと背中を押してもらえました。

*************************************

翌週、再度上司からお呼び出し。

何かと思ったら、

「カウンセラーのお話を聞いて、やっぱり

会社を辞めることに不安になって いるんじゃ

ないかと思って・・・。

しかもそれを自分からは言い出せないんじゃ

ないかと思って・・・」

というありがた迷惑なお申し出。

こむ:「そもそもやろうとしていることの種類、

市場が全く違うので。

たしかにカウンセラーの先生みたいに

ローカルだけが市場だと厳しいとは思います

けど」

カウンセラーの先生も、こむさりゅが参加する

プロジェクトに興味を持たれて検索されていたこと

もお話して、応援してもらえたことを報告。

「会社を辞めるのを引き留める作戦だったのか~?」

と疑いつつ、

(こむさりゅの)後任は決まりそうか質問。

「それがなかなか・・・」

という渋い返答。

まあ、決まろうが決まるまいが

こむさりゅは1月末で辞めるんですけど!

もう、さすが

「ブラックに近いグレーな会社」

きっぱり諦めてください!www

コメント